2019/02/20

BOMA試乗会の感想(VIDEpro/VIDE LUMIERE)

 

プロツアーチームの那須ブラーゼンに所属する選手の意見を取り入れながら開発されたというVIDEpro。
すでに乗られたことのあるお客様からも「硬いですよ」、営業担当者様からも「これは、けっこう硬いです」、と超高剛性を予感させるお言葉をいただきました。
当日は、朝の走行会と、試乗会を合わせて、120kmほど走っていました。その脚で、最後に、VIDEは、かなりキツイのでは!?
と思いながら、周囲に視線を向けても、他に乗っていただける人もおらず、そうこうしているうちに、いつの間にかVIDEproにまたがっていて、そのまま出発。
担当者様がせっかく持ってきてくださったわけですから、「疲れたのでもう乗りたくありません」とは言えません。
とりあえずペダルを回して脚を休ませながら、「やっぱり、硬かったですねー」とか「いやあ、踏み切れませんでしたよー」なんて、当たり障りのない感想をお伝えするしかないかな、と考えていました。
間もなく差し掛かったのは、さきほどCofyⅡの振動吸収性と乗り心地のよさに体感したやや荒れた路面の道路。
驚いたのは、硬いといわれていたこのフレームが、荒れた路面の衝撃をしっかりといなしてくれていたことでした。
もちろん、ロングライド用に比べれば、ある程度の振動は受けますが、それは、路面状況を伝えるためのいわゆるロードインフォメーション程度に感じました。
考えてみると、プロの選手は、100Km以上のレースに出ることも多くあるのですから、その選手の方々に提供するフレームが極端な剛性を重視しただけの硬いものであるはずはありません。
なかなかよい乗り心地で、さっそくの意外な発見でした。
こうなると、「硬い」といわれる所以を探りたくなります。このときはまだCIELと同じか、それよりも柔らかいのではないか、と思っていました。
片側二車線の自転車通行帯も広く設けられている場所で、フル加速を試してみました。
信号が青に変わり、ゼロ発進で隣の車と並走するかたちでスピードを上げていきます。そして、どんどん速度が伸びていきます。下ハンを持ってダンシングをすると、隣の車を追い抜いてしまいました。
スプリント力はあまりないと自覚しているのですが、それでも、速度が上がれば上がるほど、スピードにのって、いくらでも加速していけそうな感覚を、このVIDEからは味わいました。
実際に脚力のある人が乗る際には、周囲に警察車両がいないことを充分に確認されたほうがよいかもしれません。速すぎて、白バイにでも追いかけられそうです。
スピードを出したのは100mほどの距離でしたが、VIDEの加速力は充分に感じることができました。
おそらく、硬いと言われているのは、フレームの芯の部分のことだと思いました。思い切り踏み込んだり回したりすれば、芯の硬さがそれを加速力に変えてくれるのでしょう。
それ以外の部分は、適度にしならせたり弾力をもたせたりして、余計な振動を逃がすように作られているのかもしれません。
登りでは、加速力よりも安定感のほうが目立ちました。
ヘッドチューブがやや長めなので、アップライトなポジションを維持しやすいように感じました。そのため、ヒルクライムで淡々とペースを刻んで登りながら、脚力があれば、平地と同様に鋭いアタックをしてみても面白いと思います。
VIDEには、proとLUMIEREという似た形の二種類のフレームが存在しますが、LUMIEREはCIELと同じT700カーボンを使用しています。フレーム重量はproよりもLUMIEREが少し軽いですが、フォークは重いので、総重量ではLUMIEREのほうが重くなります。
また、ジオメトリや細かい部分の形状が微妙に異なっています。一見してわかる違いは、トップチューブからシートステーに変わるライン上に、proは小さな翼のような形状を見て取ることができます。
この部分は、モーターボートや戦闘機のようで、いかにも速そうでした。
もっとも、「速そう」、というのは、力学的な数値が表す意味を除けば、「可愛い」や「格好いい」という言葉と同じで、感性に訴えかけてくるものに近い感覚だと思います。
つまり、格好いいと言い換えて差し支えありません。
LUMIEREはproの安定感をより高めたようなフレームでした。振動吸収性はLUMIEREに軍配が上がります。とても機能的と言いますか、VIDEproのいいところ取りですね。
ただし、proほどのロードインフォメーションは感じられませんでした。自転車との一体感をより得たい人には、proの方がおすすめです。
LUMIEREも加速はとてもよかったです。力強く走らせた際には、proと同じようなどこまでもスピードが上げられそうな感覚がありました。
少なくとも、加速力に関して、フレームの素材の違いと形状が微妙に異なることでのproとの違いは、あまりなさそうでした。もちろん、脚力のある人が乗れば、また話は変わってくるかと思います。
登りでのダンシングの振りは、proのほうがかなり軽やかでした。そのぶん、下りではややクイックな感じがして、スピードを出して下るなら、安定感があるLUMIEREのほうが好みでした。
このLUMIEREですが、ローズピンクというカラーがあります。意外にも、男性の方が購入されることが多いそうです。担当者さん曰く、チームカラーにピンクが入っていて買われるとのことです。
たしかに、世界的ロードバイクメーカーのフレームにも、昨年までは、ピンクの差し色が入っていました。ツールを走るチームのカラーにもピンクがありました。
黒系のフレームばかり乗っていますが、もしかすると、ピンクは世界的なスタンダードなのでしょうか。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
First Bikes International(ファーストバイクス)
http://www.firstbikes2014.com/
住所:東京都八王子市散田町5-11-3
フローラル散田A号室
TEL:042-673-3806
MAIL:firstbikes2014@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
#自転車 #サイクリング #ポタリング
#グルメライド #クロストレーニング
#トライアスロン
#スポーツバイク #クロスバイク
#MTB #グラベルロード
#ロードバイク
#TIME #タイム #ORBEA #オルベア
#CINELLI #チネリ
#CARRERA #カレラ
#CERVELO #サーベロ
#YONEX #ヨネックス
#FELT #フェルト #ESR
#wilier #ウィリエール
#RIDLEY #リドレー #FUJI #フジ
#MERIDA #メリダ #SCOTT #スコット
#PINARELLO #ピナレロ
#BMC #bianchi #ビアンキ
#neilpryde #ニールプライド #kuota
#BOMA #ボーマ #望馬#Sai#試乗会#東京
#八王子 #高尾 #立川 #日野 #豊田 #昭島 #青梅
#めじろ台 #みなみ野 #橋本 #多摩センター
#ファーストバイクス #firstbikes
2019/02/20

NRC アイウェア Solestar インソール 展示、試着会

2019年2月

 

今回は私も1年以上 愛用している、

アイウェア NRC.

インソール Solestar ソールスター

上記2点の

展示会および試着会を開催します。

どちらも自信を持ってオススメできる

商品です。

長年調光レンズの反応の悪さが嫌いで、

アイウェアを毛嫌いしていた私ですが、

NRCは非常に使いやすく、

ライド用以外にプライベートも含めて2つ所有、

今回もあらたに2つ注文してしまいました。

御託はいらない、着用すれば

すぐに欲しくなるはずです。

Solestar インソールは、

シューズの安定感を向上させて、

無駄なく力をペダルにかける事ができます。

皆さんの大好きなプロ選手、アマチュアの

トップ選手も愛用しています。

 

日程

2019年3月30日 土曜日

12時頃〜

場所

ファーストバイクス

インターナショナル 店頭

042-673-3806

 

当日は混雑が予想されます。

はじめてご来店されるお客様は、

事前にお問い合わせください。

 

 

A5A7264E-AF60-413A-B295-F87D0815887E

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
First Bikes International(ファーストバイクス)
http://www.firstbikes2014.com/
住所:東京都八王子市散田町5-11-3
フローラル散田A号室
TEL:042-673-3806
MAIL:firstbikes2014@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/02/13

BOMA試乗会の感想(CIEL)

『CIEL』
真横からの見た目はSaiによく似ていますが、ヘッドチューブの辺りがやや太く、複雑な造形をしており、フォークもややベントしています。
フレームの断面形状も、Saiは丸みを帯びた四角に近い形をしていますが、CIELの方は、おにぎり型といいますか、部分的に角ばっていて、攻撃的なデザインです。
見た目以外でも、フレームの素材にT700を用いてヘッド部からリアブレーキホール下まで一体成型して剛性としなやかさを両立させているとのことで、フラッグシップモデルと呼ぶにふさわしい技術が投入されているようです。
また、ボトムブラケットもプレスフィットタイプのBB86になっており、これは軽量化につながっていると思います。
プレスフィットタイプのボトムブラケットは、ウィッシュボーンやトーケンなどセラミックベアリングのものが販売されておりますので、これにより、さらに軽量かつ滑らかなクランクの回転を得られるため、最近は個人的に好ましいといえます。

CIELについては、さきに形状が似ているSaiに乗せていただいたので、どうしても両者を比較しながらの試乗となりました。

走り始めて感じたのは、Saiに近い漕ぎ出しの軽さです。細身のフレームでありながらボリュームのあるBB回りが推進力を生み出すのは、同様でした。
そもそも、フレーム重量745g(S-480・未塗装)というBOMAのなかで最軽量のフレームなのですから、軽くて当然かもしれません。
しかし、体感的には、Saiの方がペダルを軽く回せるように感じました。サイクルコンピュータの数値を信用すれば、一定の速度に到達するまでの時間はCIELの方がわずかに早く、加速感もあって、よく進みます。
この差はどこにあるのかといえば、重量差よりも、CIELの剛性の高さにあると思います。つまり、力がほとんど逃げずに伝わるため、踏めば踏むほど進む、ただし、硬い、といった感じです。だから、Saiの加速がCIELよりもやや鈍くても、Saiの方が軽くかんじたのでしょう。
例えるならば、CIELは軽い翼を得たような印象で、Saiは滑らかな氷の上を滑るような感覚でした。
翼は軽い体を風に乗せて加速させてくれますが、頑張って羽ばたく必要があります。
氷の上を滑りながら肩で風を切って軽やかに加速していくのは楽ちんですが、踏ん張りがきかないので、急加速をするのは難しいです。
両者の印象としては、そんな感じでした。
剛性の違いは、素材はもちろんですが、チューブの断面形状によるところもあると思います。
四角と三角(おにぎり型)では、展開したときの面積は四角の方が広くなるため、その分、面で振動を分散してくれますが、同時に一定以上の力も逃がしているのかもしれません。あえてそうすることで、体への負担を軽減しているともいえます。Saiのフレーム形状がこれにあたります。
それに比べて、CIELは三角に近い形で面が少ないために力がロスなく伝わるともいえますが、三角といっても、上から見たときのダウンチューブの裏側が丸みを帯びていたりして、剛性だけでなく、振動吸収性も高そうな見た目をしております。
CIELは、Jプロの那須ブラーゼンの選手が実際に使用しているフレームです。そのことでも、ある程度の脚力がある人向けであることがうかがえますね。
面白いのは、CIELを使用する選手はスプリンターが多いそうです。
このあとに乗らせていただいたVIDEproもプロ仕様のフラッグシップモデルです。VIDEproの方がさらに剛性が高いのですが、スプリンターの選手はあえてやや剛性が低いCIELを選んでいるとのことです。
これは、長時間のレースで脚を残せるしなやかさとスプリントに耐えられる高剛性を兼ね備え、かつ軽量であるため、坂でのアドバンテージも得られる、ということを示唆していると思います。
実際に、坂道では気持のよい加速が得られました。ダンシングの振りは、今回の試乗車のなかでは最も軽やかでした。剛性が高いといっても、しなやかさもあるので、リズムに乗って峠を越えていくのは楽しかったです。
調子に乗ってしまうと脚にきます。
一時間程度のヒルクライムレースでしたら、軽くてよく進むので、どなたにでもお勧めできます。
三時間以上のエンデューロになると、SaiかSIELか悩むところです。脚質や脚力との相談になると思います。

このCIELですが、
現在Firstbikesに在庫がございますので、ご希望の方は、フレームをご覧になれます。
お気軽にお問合せください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
First Bikes International(ファーストバイクス)
http://www.firstbikes2014.com/
住所:東京都八王子市散田町5-11-3
フローラル散田A号室
TEL:042-673-3806
MAIL:firstbikes2014@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
#自転車 #サイクリング #ポタリング
#グルメライド #クロストレーニング
#トライアスロン
#スポーツバイク #クロスバイク
#MTB #グラベルロード
#ロードバイク
#TIME #タイム #ORBEA #オルベア
#CINELLI #チネリ
#CARRERA #カレラ
#CERVELO #サーベロ
#YONEX #ヨネックス
#FELT #フェルト #ESR
#wilier #ウィリエール
#RIDLEY #リドレー #FUJI #フジ
#MERIDA #メリダ #SCOTT #スコット
#PINARELLO #ピナレロ
#BMC #bianchi #ビアンキ
#neilpryde #ニールプライド #kuota
#BOMA #ボーマ #望馬#Sai#試乗会#東京
#八王子 #高尾 #立川 #日野 #豊田 #昭島 #青梅
#めじろ台 #みなみ野 #橋本 #多摩センター
#ファーストバイクス #firstbikes
2019/02/06

BOMA試乗会の感想(Sai)

『Sai』
こちらのSaiは、BOMAの最新フレームです。
東レのT800カーボンを使用しております。フラッグシップモデルのひとつであるCIELがT700カーボンのため、それよりも少々硬いのかと思いながら乗り出してみました。
すると、とても細く作りこまれたシートステーの効果か、突き上げ感はほとんどなく、お尻へのダメージは少なそうです。
フォークはストレートでヘッド部分ももそこそこ太めなので、フロントはある程度の振動は伝わってきます。このあたりは、ステムとハンドルを振動吸収性の高いものに変えるなどして調整できると思います。
むしろ、このフロント剛性が保たれていることで加速のよさにつながっているメリットの方がはるかに大きいといえるでしょう。
そのため、乗り心地でいえば、当然のことながらCofyⅡに軍配が上がりますが、レース用フレームであることを考えれば、同カテゴリーのなかでも特に振動吸収性の高さがうかがえました。
フレーム重量も、公称値で、フレーム本体930g、フォーク370gとよく仕上がっています。

今回試乗させていただいた車体のなかでは、最も漕ぎ出しが軽かったことが印象的でした。
担当者の方も「漕ぎ出しが軽いんですよ」とおっしゃっていたので、ホイールの効果というわけではないようです。
全体的に細身のフレームですが、それに似合わず、ボトムブラケットの周辺がかなり太く形成されています。これにより、少ない力でも、しっかりとし推進力が得られているのかもしれまえん。
また、BBが太いためか、重心が低くなっていて、下りでの安心化がありました。
もちろん、ダンシングも軽くて、車体を振りやすかったです。多少もがいても、車輪が地面から浮くようなこともありませんでした。これは、やはりストレートフォークやフロントの剛性の高さによる部分も大きいのでしょう。

オールマイティフレームの言われるだけあって、レース用としては、非常にバランスが取れた車体という印象でした。思い切りダッシュしてみたり、淡々と峠を登ってみたりと、そのときのフィーリングの走りにいつでも応えてくれる車体です。
中途半端な乗り味かもしれませんが、あえてそうすることで、取り付けるパーツやホイールによって自分好みカスタマイズするというロードバイクの楽しみを最も感じられるフレームのひとつともいえます。
レース用でこれほど楽しいSaiがフレーム価格¥180,000(税抜)というのは、驚きです。
フレーム価格を抑えて、高価なパーツで戦闘力を高めていきたくなります。夢が広がります。

カラーに関してですが、CofyⅡと同様に凝ったものとなっています。
今回、用意していただいたのは、RMグレーというカラーで、遠目に見ればただのグレーですが、近づいてみると、まったく違った雰囲気を醸し出します。
写真ではわかりにくいのですが、近くで見ると、全体にラメが入ったようなルックスをしており、光の加減によって、紫や赤っぽい色に変化する不思議な色合いなのです。
コラムスペーサーが虹色に彩られていますが、車体も、まさに7色くらいには変化しそうです。
気を付けて見ないとわからない地味な派手さという矛盾したカラーといえるでしょう。
これもやはり着物の裏地を派手な刺繍で彩るような日本人的センスといえるかもしれません。
レース会場では、きっと注目される車体です。個人的には、このカラーは好印象で気に入りました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
First Bikes International(ファーストバイクス)
http://www.firstbikes2014.com/
住所:東京都八王子市散田町5-11-3
フローラル散田A号室
TEL:042-673-3806
MAIL:firstbikes2014@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
#自転車 #サイクリング #ポタリング
#グルメライド #クロストレーニング
#トライアスロン
#スポーツバイク #クロスバイク
#MTB #グラベルロード
#ロードバイク
#TIME #タイム #ORBEA #オルベア
#CINELLI #チネリ
#CARRERA #カレラ
#CERVELO #サーベロ
#YONEX #ヨネックス
#FELT #フェルト #ESR
#wilier #ウィリエール
#RIDLEY #リドレー #FUJI #フジ
#MERIDA #メリダ #SCOTT #スコット
#PINARELLO #ピナレロ
#BMC #bianchi #ビアンキ
#neilpryde #ニールプライド #kuota
#BOMA #ボーマ #望馬#Sai#試乗会#東京
#八王子 #高尾 #立川 #日野 #豊田 #昭島 #青梅
#めじろ台 #みなみ野 #橋本 #多摩センター
#ファーストバイクス #firstbikes
2019/02/06

BOMA試乗会の感想(CofyⅡ)

 

『CofyⅡ』
試乗車として用意していただいたのはキャンディレッドというカラーですが、トップチューブやシートチューブに施されたこの鮮やかなグラデーションは、
重ね塗りではなく、一回のスプレーのみで仕上げているそうです。そうしないと、この色合いが出せないとのことです。
日本のメーカーさんらしい手間暇をかけたこだわりを感じました。
また車体表面を指でなぞると、ロゴの部分の凹凸がわかります。おそらく塗装が厚めなのでしょう。少々傷が入ったくらいでは色が剥げるということはないと思います。
それだけフレームが保護されているという安心感がありました。

乗り心地と振動吸収性を追求したロングライドモデルというだけあって、
トップチューブからシートステーまでの弓形形状がいかにも振動を抑えてくれそうで、
機能がデザインに表れているモデルといえます。

実際に荒れたアスファルトを走行してみると、地面とタイヤの間に厚い絨毯が敷かれているような感覚を得られました。
段差での突き上げ感もほとんどないといってよさそうです。
リアと同様に、フロントも、わずかにベントしたフォークと弧を描くダウンチューブが適度な振動吸収性を発揮してくれました。

追い込み方にもよりますが、この車体であれば100~200kmのロングライドでも疲労感が少なくなりそうです。

やはりフレームがしなるのか、キビキビとした走りよりも、淡々と回して、スルスルと走らせるほうが向いている印象でした。
重量約1,500gのフレームですが、登りでも極端に走りが重くなることはありませんでした。ただし、ダンシングの振りは重く感じました。
ロードレースなら、上手く使いこなせれば、最後まで脚を残せるフレームといえるでしょう。
しかし、レースであれば、やはりブルべに参加する方に向いているフレームだと思います。
実際にブルべで使用する方は多いとメーカーの方もおっしゃっていました。

それ以外でも、仲間と距離を走ったり、普段の練習に使ったりと、様々な用途で活躍してくれるはずです。

それにしても、このCofyⅡという車体、
この振動吸収性は、衝撃でした。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
First Bikes International(ファーストバイクス)
http://www.firstbikes2014.com/
住所:東京都八王子市散田町5-11-3
フローラル散田A号室
TEL:042-673-3806
MAIL:firstbikes2014@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
#自転車 #サイクリング #ポタリング
#グルメライド #クロストレーニング
#トライアスロン
#スポーツバイク #クロスバイク
#MTB #グラベルロード
#ロードバイク
#BOMA#ボーマ#望馬#Cofy2#試乗会



#東京
#八王子 #高尾 #立川 #日野 #豊田 #昭島 #青梅
#めじろ台 #みなみ野 #橋本 #多摩センター
#ファーストバイクス #firstbikes

東京(八王子)で買える最新ロードバイクの入荷情報をブログでご確認いただけます

First Bikes Internationalは八王子ではトップクラスのお取り扱い数を誇り、多くのユーザーからご好評いただいております。各種有名ブランドの入荷情報につきましては、ブログにて新着情報としてご案内いたしますのでお見逃しないようご確認ください。
注目の最新ロードバイクのご予約販売から、安心で高品質なヘルメットやウェアの入荷情報まで幅広くご案内しております。めじろ台の店舗スタッフやご購入者の皆様と参加したレースなどのご報告も併せてご確認いただけますので、ぜひご覧ください。
八王子のFirst Bikes Internationalでは人気ブランドの車両はもちろん、パーツやサイクルコンピューター、シューズや補給食、サプリまでお取り扱いしておりますので、ぜひお気軽にご来店ください。